耐力壁について2

ところで木造の場合、壁量を決める要素が
もうひとつ存在して、風力に対する耐性の計算を
しなければなりません。
建物の桁行き方向の見付け面積により。

梁間方向の壁量が決まり
梁間方向の見付け面積により
桁行き方向の壁量が決まります。
これは、風を受ける面に直角の壁が、
風力を耐えるからです。

では見付け面積
どのように算出するのでしょうか。
まず屋根を含めた鉛直投影面積
算出します。

その面積から地面から1.35mの高さの
投影面積を引いた面積に、建築基準法で
定められた数値を掛けた長さが、
必要壁量となります。

この掛け合わせる数値は、
普通の土地であれ50、
特定行政庁(県庁)が風の強い地域
指定している場合は、50~75に定められます。

この算出した必要壁量を、
桁行き方向と梁間方向にそれぞれ
配置しなければならないのです。
さきに計算した、耐震のための壁量と、
いまの耐風力のための壁量の、
どちらか大きい方が、
必要な壁量ということになります。

間取りを決める場合に、
ここまで知る必要はないですが、
建築の予備知識として、知っていて損はないでしょう。
なお、鉄骨造り鉄筋コンクリート造りの場合、
ここまで簡単に計算できませんので、
知りたい人は、構造力学を学習しましょう。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!間取りとは何かの関連記事
  • category
    間取りとは何か

    では、間取りとは、何でしょうか? Wikipediaによると 「完成した建築物の内部における部屋や区画の配置」 とあります。 部屋や区画は、間仕切壁で仕切られています。 したがって、部屋の配置は、 壁の配置でもあります。

  • category
    間取りとは何か

    さまざまな部屋の種類がありますが、 一般的に、住宅に必要な部屋の種類は、 何でしょうか? 筆者が考えるに、それは最低限、 住んでいる人数分の居室と、収納スペース、 サニタリースペース(水周り)とキッチン、 そして玄関が、要求される部屋であ…

  • category
    間取りとは何か

    さて、設計をする場合には、 まず外構条件というものを考えます。 道路の位置と日当たりから、 建物の位置と外構の形を考えます。 庭は、他の近隣の建物の条件の さまたげがないかぎり、南に持ってきます。

  • category
    間取りとは何か

    次に、部屋の相互位置についてですが、 まず生活動線というものを考えます。 動線とは、人の可能な足取りの線 ということです。住んでいる人々が、 歩く行動の足跡です。 ですから、まず玄関から 考えねばなりません。

  • category
    間取りとは何か

    ここで、必要な耐力壁の量について、 書いておこうと思います。 日本の住宅は、法律によって 必要な耐震構造が決められています。 それは、木造とラーメン構造では異なりますが、 木造の場合、各階の床面積によって、 決まります。