庭と建物

さて、設計をする場合には、
まず外構条件というものを考えます。
道路の位置日当たりから、
建物の位置と外構の形を考えます。

庭は、他の近隣の建物の条件の
さまたげがないかぎり、南に持ってきます。
庭を南に持ってくると、建物に対して
日当たりが良くなるからです。

しかし、車道が北にあって、
敷地が充分でない場合など、駐車場を
北側に持ってこないといけないので、
南に庭を設けられない場合もあります。

そういう場合では、庭は、
南向きでないこともあります。
庭を決めて外構の位置を決めたら、
外構の形を決めねばなりません。

これはできるだけ矩形にしたほうが
間取りを決める際に便利です。

上述の駐車場の問題などのために、
凸凹させるにしても、
せいぜいL字型程度に留めておくのが
無難です。でないと、間取りを決めるときに、
大変苦労するからです。

矩形にするときも、南北軸を長くするように
するのが基本です。その方が、南側に
広く庭を取れ、採光がよい建物になるからです。

また、道路に面した敷地には、
法律で斜線制限が適用され、ある程度空間を
開けなくてはいけないことになっています。

これは、この記事で詳述するには、
長くなりすぎますので、知りたい方は、
知り合いの建築士に訊いてみてください。
納得がいく説明を受けられると思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!間取りとは何かの関連記事
  • category
    間取りとは何か

    では、間取りとは、何でしょうか? Wikipediaによると 「完成した建築物の内部における部屋や区画の配置」 とあります。 部屋や区画は、間仕切壁で仕切られています。 したがって、部屋の配置は、 壁の配置でもあります。

  • category
    間取りとは何か

    さまざまな部屋の種類がありますが、 一般的に、住宅に必要な部屋の種類は、 何でしょうか? 筆者が考えるに、それは最低限、 住んでいる人数分の居室と、収納スペース、 サニタリースペース(水周り)とキッチン、 そして玄関が、要求される部屋であ…

  • category
    間取りとは何か

    次に、部屋の相互位置についてですが、 まず生活動線というものを考えます。 動線とは、人の可能な足取りの線 ということです。住んでいる人々が、 歩く行動の足跡です。 ですから、まず玄関から 考えねばなりません。

  • category
    間取りとは何か

    ここで、必要な耐力壁の量について、 書いておこうと思います。 日本の住宅は、法律によって 必要な耐震構造が決められています。 それは、木造とラーメン構造では異なりますが、 木造の場合、各階の床面積によって、 決まります。

  • category
    間取りとは何か

    ところで木造の場合、壁量を決める要素が もうひとつ存在して、風力に対する耐性の計算を しなければなりません。 建物の桁行き方向の見付け面積により。 梁間方向の壁量が決まり 梁間方向の見付け面積により 桁行き方向の壁量が決まります。