工業・工業専用地域

最後に、工業・工業専用地域です。
この地域は、工場は何でも建設可能です。
しかし、工業地域で建ててはいけない
建築物があります。

それは、ホテル、旅館、キャバレー、
料理店、ナイトクラブ、ダンスホール、
劇場、映画館、演芸場、観覧場、
学校、病院などです。

この地域には、住居も建設可能です。
飲食店や遊技場でも、延べ床面積が、
10000㎡以内のものは建てられます。

しかし、工業専用地域になると、
建ててはいけない建築物の規定が増えてきて、
上記の建築禁止なものに加え、以下のものが、
建築不可です。

住宅、共同住宅、老人ホーム、物品販売店、
飲食店、図書館、博物館、ボーリング場、
スケート場、水泳場、マージャン店、
パチンコ店、場外車券場、場外馬券場など。

工業専用地域には、住居はもとより
飲食店すら建てられないのです。
工業専用地域というのは、純粋に工場用
計画される用途地区なのです。

このように見てくると、
第一種低層住居専用地域と
工業専用地域を両極端にして、
徐々に建託物の種類が変化していく、
都市計画のさまが見て取れます。

また、建ぺい率について言えば、
商業地域は80%、近隣商業地域は60~80%
で、工業地域は、50~60%となっており、
容積率は、商業地域が200~1300%、
工業地域が100~400%となっています。

一番、高層の建物が建てられるのが
商業地域で、しかも密集しなければ建てられず、
その次に、建築物が高くなるのが、
工業地域ということです。

これらの地域の建築物は、人が住む場所ではないので
鉄筋コンクリートなどの耐火建築物を建てるのが
適当なので、容積率と建ぺい率
高く設定されているのでしょう。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!用途地域の関連記事
  • category
    用途地域

    次に、第二種低層住居専用地域ですが、 斜線制限や高さ制限、容積率は同じ規定です。 ただ、建てられる建物の種類が、 若干異なってきます。 それは、建築基準法別表第二に出ています。

  • category
    用途地域

    では、建ぺい率が、それによって異なるという ところの用途地域とは、どんなものなのでしょうか。 実例を挙げながら、ひとつひとつ見て行きましょう。 まず、第一種低層住居専用地域です。 ここに建てられるのは、主に住宅です。

  • category
    用途地域

    第一種中高層住居専用地域ですが、 建てて良い建物としては、 第一種及び第二種住居専用地域に 建てられる建築物のほか、 大学や専門学校、病院、老人福祉センター、 店舗、飲食店のその用途に使用する 階数が2階以下で 延べ床面積が500㎡以下…

  • category
    用途地域

    近隣商業地域です。 この地域には、工場が建てられないのと、 キャバレーや料理店、ダンスホールなどが、 建てられません。 住居地域と商業地域の中間色の地域です。

  • category
    用途地域

    次に、第一種住居専用地域ですが、 第二種中高層住居専用地域に建ててはいけない 建築物のなかで、次のものが建築しても よいことになっています。 すなわち、ボーリング場、スケート場、 水泳場などのスポーツ施設、ホテル、旅館、畜舎。

  • category
    用途地域

    次は、準工業地域です。 工場用の地域としては、準工業地域、 工業地域、工業専用地域の順に特化していきます。 準工業地域は、商業地域に建築不可の 工場でも、建設できるものがあります。