準住居地域

次に準住居地域です。
この地域になると工業的なものも
少し建築できるようになります。

倉庫業を営む倉庫や、
自動車車庫で延べ床面積が300㎡を
越えるものなどです。
また、劇場や映画館、演芸場、観覧場なども、
建築出来るようになります。
ここまでが、住居地域の用途地域の説明でした。

住宅街は、一般的に、閑静で日当たりも確保
されていなければいけません。
一般住宅の隣に、巨大なビルディングを建てて、
日当たりを遮ったり、
騒音の大きい工場を作って静かさを無くしたり、
そういうことの無いように、都市計画
なされているということです。

また建築面積には、防災というもうひとつの
意味合いもあります。
日本人は、住居の材料として木を使ってきましたし、
現代でも、木造の住居が圧倒的に多いです。
木造の住宅は、どんなに耐火性を上げても、
準耐火構造にしかなりません。そういう法律です。

ですから、住宅街には、木造の建物を建てても
延焼による火事の少なくなるように、
庭を多く取れるような規定になっているのです。

また、一般的に考えて、
庭の広い家の方が、住まいとしては適切です。
とくに、子供を持った家族が住む家には、
庭は必要不可欠でしょう。
このように、建築基準法の意義を、
いろいろ考えてみるのも、面白いものです。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!用途地域の関連記事
  • category
    用途地域

    次に、第二種低層住居専用地域ですが、 斜線制限や高さ制限、容積率は同じ規定です。 ただ、建てられる建物の種類が、 若干異なってきます。 それは、建築基準法別表第二に出ています。

  • category
    用途地域

    では、建ぺい率が、それによって異なるという ところの用途地域とは、どんなものなのでしょうか。 実例を挙げながら、ひとつひとつ見て行きましょう。 まず、第一種低層住居専用地域です。 ここに建てられるのは、主に住宅です。

  • category
    用途地域

    第一種中高層住居専用地域ですが、 建てて良い建物としては、 第一種及び第二種住居専用地域に 建てられる建築物のほか、 大学や専門学校、病院、老人福祉センター、 店舗、飲食店のその用途に使用する 階数が2階以下で 延べ床面積が500㎡以下…

  • category
    用途地域

    近隣商業地域です。 この地域には、工場が建てられないのと、 キャバレーや料理店、ダンスホールなどが、 建てられません。 住居地域と商業地域の中間色の地域です。

  • category
    用途地域

    次に、第一種住居専用地域ですが、 第二種中高層住居専用地域に建ててはいけない 建築物のなかで、次のものが建築しても よいことになっています。 すなわち、ボーリング場、スケート場、 水泳場などのスポーツ施設、ホテル、旅館、畜舎。