準工業地域

次は、準工業地域です。
工場用の地域としては、準工業地域、
工業地域、工業専用地域の順に特化していきます。

準工業地域は、商業地域に建築不可
工場でも、建設できるものがあります。

それは、玩具煙火の製造業であったり、
アセチレンガスを用いる金属工作業であったり、
引火性溶剤を用いるドライクリーニング工場
であったりしますが、詳しくは、
別表2を見てください。

むしろ、準工業地域でも、建築不可能
種類の工場があることのほうが重要です。

その建設してはいけない工場というのは、
火薬工場や、危険物工場や、マッチ製造工場、
ニトロセルロース製品工場、ビスコース製品工場、
ゴム製品工場、芳香油工場、防水紙布工場、
圧縮ガス製造工場、アスファルト精製工場、
セメント製造工場、石綿製造工場、
合成ゴム製造工場、にかわ製造工場、
蛋白質加水分解製品工場などです。

傾向としては、危険物毒物の取り扱い
する工場や、製造過程で有害なもの
排出される工場などです。
これらの工場は、工業地域工業専用地域では、
建設することが出来るのです。

では工業地域工業専用地域には、
何でも建設してもいいのかというと、
そうでもありません。

それらの地域に、建設してはいけないものも、
建築基準法で規定されています。
このカテゴリの最後に、それを見ていきます。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!用途地域の関連記事
  • category
    用途地域

    次に、第二種低層住居専用地域ですが、 斜線制限や高さ制限、容積率は同じ規定です。 ただ、建てられる建物の種類が、 若干異なってきます。 それは、建築基準法別表第二に出ています。

  • category
    用途地域

    では、建ぺい率が、それによって異なるという ところの用途地域とは、どんなものなのでしょうか。 実例を挙げながら、ひとつひとつ見て行きましょう。 まず、第一種低層住居専用地域です。 ここに建てられるのは、主に住宅です。

  • category
    用途地域

    第一種中高層住居専用地域ですが、 建てて良い建物としては、 第一種及び第二種住居専用地域に 建てられる建築物のほか、 大学や専門学校、病院、老人福祉センター、 店舗、飲食店のその用途に使用する 階数が2階以下で 延べ床面積が500㎡以下…

  • category
    用途地域

    近隣商業地域です。 この地域には、工場が建てられないのと、 キャバレーや料理店、ダンスホールなどが、 建てられません。 住居地域と商業地域の中間色の地域です。

  • category
    用途地域

    次に、第一種住居専用地域ですが、 第二種中高層住居専用地域に建ててはいけない 建築物のなかで、次のものが建築しても よいことになっています。 すなわち、ボーリング場、スケート場、 水泳場などのスポーツ施設、ホテル、旅館、畜舎。