つなぎ融資

住宅ローンの用語の中でつなぎ融資というものがあります。
金融機関によって利用できる場合と
そうでない場合がありますが、
大変便利な制度です。
ぜひご利用して頂ければと思います。

住宅ローンは本来土地と建物に
抵当権を設定してローンを実行します。
しかし、まだ建物が建っていない状態では
抵当権の設定ができません。
その間の支払いに利用するために
つなぎ融資を利用します。
お金が必要な時期から
建物完成までの期間の融資になりますので、
その分利息がかかります。

また、一回だけでなく
支払い回数分つなぎ融資を利用することになります。
つなぎ融資がない場合は、
事前に融資が実行されるので、
つなぎ融資の利息分が軽減されますが、
返済がすぐ始まりますのでアパート家賃と返済が重なると
生活が苦しい場合もあります。

また、つなぎ融資を利用した場合は、
抵当権設定登記が一回で終わりますので
登記費用が安くなるメリットもあります。
つなぎ融資を利用する場合でご注意していただきたい点は期限です。
つなぎ融資はあらかじめいつまでつなぐのか期限を設定します。
その期限内に本融資を実行する必要があります。

しかし工事の遅れなどで、
期限を越えてしまう場合は
つなぎ融資の延長などでよけいな手間と費用が発生します。
できれば長めの期間で設定しておくと安心です。
早く本実行する場合は、利息が返還される仕組みです。
なお、つなぎ融資に関しては
金利を本融資とは別に定めてある金融機関が多いので
事前にご確認ください。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローン基礎知識の関連記事