住宅ローン基礎知識

住宅ローンのリスク・負担を少しでも和らげる方法

住宅ローンのリスク・負担を少しでも和らげる方法

大きな金額である住宅ローン。その大きさに不安になる方が多いです。
なので、今回は少しでも負担を和らげる方法を紹介します。ちょっとしたことですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

住宅ローンのリスクを予測しよう。

住宅ローンを利用する場合は、月々返済のみの場合とボーナス併用払いの場合とで二つ種類があります。ボーナス払いは基本的に年二回あります。

ボーナス払いの月は通常の毎月払いの分に加えてボーナス払い分をあわせて返済しますので負担が大きくなります。
また、ローン仮入れ額のうち、ほとんどの場合が半分までしかボーナス払いにできません。月々の返済額を低くしたい場合は限界がありますのでご注意ください。

返済計画を建てる際に重要になることは、今後の金利変動まである程度見越して返済シミュレーションをすることです。
最初のキャンペーン金利の時期から通常の基準金利に切り替わるタイミングで返済額が変動します。

ここで考えたいのが金利が上昇した場合のことです。
理想は、このタイミングで繰り上げ返済を行い、金利は上昇しますが元金を減らすかたちで借り入れ年数を短くすることが理想的です。また、金利が上昇した場合は、短い年数の固定金利を選択してできるだけ返済額の上昇をおさえることも必要です。

キャンペーン金利からの切り替えの時期が大切ですので、金融機関からのお知らせがあった場合は忘れずに手続きしてください。
このようにして、最初の返済額だけを計算して安心するのではなく、ある程度余裕をみて、金利が上がっていくリスク試算に入れて頂ければと思います。

住宅ローンは金利が最も低いといわれるローンです。
上手につきあうことで夢のマイホームを手に入れる最良の手段となりますので、ぜひご活用ください。

 

ローン控除を活用して家計を助けよう。

住宅ローンを利用する場合に必ずチェックしていただきたい項目に住宅ローン控除があります。
その年の年末に金融機関から送られてくる住宅ローンの残高証明書に記載されてい残高に対して、規定の割合が各自納めている所得税の範囲内で控除される仕組みになっています。

ご注意いただきたい点は、ローンを利用されて初めての年は、確定申告を税務署にて行う必要があります。

確定申告時に提出する書類について確定申告の会場にて用紙をもらい記入する方法と、パソコンを利用して事前に書類を作成して持参する方法があります。

パソコンで種類を作成する場合は、インターネットに接続できる環境が必要です。またネット環境がある場合は所定の手続きをすることで、ネット上で申告することも可能です、詳しい手続き方法は税務所のホームページで確認できます。

二年目からは、お勤め先で行われる年末調整の際に申告することが可能になります。その際は税務署から予め送られてくる給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書を提出して下さい。

住宅ローン控除は、ローンを利用した年によって最大控除額に違いがあります。これから住宅ローンを利用する予定の場合は、事前にその年の最大控除額を確認して頂ければと思います。

高額な住宅ローンを利用している場合は、ローン控除後に還付される金額が返済の大きな助けになります。ローンを連名で利用している場合は、各利用者それぞれが申告する必要がありますので、忘れずに利用するようにして下さい。

 

保険や公共料金など家計の見直してみよう。

住宅ローンの控除の利用と同時に家計の見直しをするることをおすすめします。

目標はローン返済をしながら貯蓄ができる家計です。まず一番目にすることは、公共料金の支払い口座をローン返済用口座にまとめることです。毎月の支払い一つの通帳で行うことでお金の動きが把握できます。

前の月と比べ増えている部分がはっきりとしてきます。一つにまとめることで支払いが抜けることがありませんので安心です。

次に保険の見直しです。住宅ローンには団体信用生命保険に加入する決まりがありますので、今自分で加入している保険と重複する部分があるかもしれません。その部分を見直すことで保険料を削減することができますので、余裕が生まれます。

また、現在加入しているサービスの見直しも有効です。
年会費のかかるクレジットカードの見直しや、携帯電話・スマホの料金プランの見直しなども良い機会だと思います。徹底的に見直しをすることで、少しでも余裕を生み出しましょう。

次に、収入のアップについて考えてみましょう。会社にお勤めの方が月々の収入を5万円アップさせて下さいと言われたら恐らく大変な努力が必要ですよね。ここでは世帯収入で考えて見て頂ければと思います。例えば専業主婦だった奥さんがアルバイトでつき5万円の収入を得ることができるとしたらいかがでしょうか。

もしかしたら来月からすぐに世帯年収がアップ可能かもしれません。やはり家族一丸となって家計の見直しすることが大切です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 意外と知らない返済時期の始まり
  2. 家計の見直しをしよう。
  3. 抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。
  4. 固定金利型住宅ローンについて
  5. ローン控除を活用しよう。
  6. 住宅ローンと抵当権設定登記
  7. つなぎ融資

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP