間取り

では、間取りとは、何でしょうか?
Wikipediaによると
「完成した建築物の内部における部屋や区画の配置」
とあります。
部屋や区画は、間仕切壁で仕切られています。
したがって、部屋の配置は、
壁の配置でもあります。

壁には、間仕切壁と耐力壁があり、
日本の建築基準法では、木造の場合、
耐力壁になる軸組の長さが、
建築面積の広さ軸組の強度によって、
決定されることになっています。

ですので、部屋の間取りを、
何のさまたげもなく自由に決めることは、
できません。

また、梁のせい(高さ方向の太さ)にもよりますが、
梁の長さにも制限があり、なんの支えもなく、
無限に、梁を飛ばすことが出来ないので、
部屋の広さも限界があるということを、
知っておかねばなりません。

これは、木造だけでなく、
鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りでも同様で、
一般の住宅に使われる建築材料は限られているので、
大型スポーツ施設のように、
広い空間を住宅に作ろうとしても、難しいです。

ですから、われわれ素人は、
変に奇抜な家を造って奇を衒うよりも、
いかに自分が住みよい家を作るかに重点を置き、
一般的な間取りを考えることが重要です。
そうすれば、おのずとだだっ広い部屋も
要らなくなってくるものです。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!間取りとは何かの関連記事
  • category
    間取りとは何か

    さまざまな部屋の種類がありますが、 一般的に、住宅に必要な部屋の種類は、 何でしょうか? 筆者が考えるに、それは最低限、 住んでいる人数分の居室と、収納スペース、 サニタリースペース(水周り)とキッチン、 そして玄関が、要求される部屋であ…

  • category
    間取りとは何か

    さて、設計をする場合には、 まず外構条件というものを考えます。 道路の位置と日当たりから、 建物の位置と外構の形を考えます。 庭は、他の近隣の建物の条件の さまたげがないかぎり、南に持ってきます。

  • category
    間取りとは何か

    次に、部屋の相互位置についてですが、 まず生活動線というものを考えます。 動線とは、人の可能な足取りの線 ということです。住んでいる人々が、 歩く行動の足跡です。 ですから、まず玄関から 考えねばなりません。

  • category
    間取りとは何か

    ここで、必要な耐力壁の量について、 書いておこうと思います。 日本の住宅は、法律によって 必要な耐震構造が決められています。 それは、木造とラーメン構造では異なりますが、 木造の場合、各階の床面積によって、 決まります。

  • category
    間取りとは何か

    ところで木造の場合、壁量を決める要素が もうひとつ存在して、風力に対する耐性の計算を しなければなりません。 建物の桁行き方向の見付け面積により。 梁間方向の壁量が決まり 梁間方向の見付け面積により 桁行き方向の壁量が決まります。