第一種住居専用区域

では、建ぺい率が、それによって異なるという
ところの用途地域とは、どんなものなのでしょうか。
実例を挙げながら、ひとつひとつ見て行きましょう。

まず、第一種低層住居専用地域です。
ここに建てられるのは、主に住宅です。
その他、共同住宅、小中学校、神社、寺院、
老人ホームなどの福祉施設、郵便局、診療所、派出所、
一部の住宅兼用事務所など、です。

大雑把に言って、静かな住宅街として
計画される地域で、この地域には、都市計画に基づき、
10mまたは12mより高い建物は建てられません。

また斜線制限と言って、前面道路からの
高さ制限の数式も、変わってきます。
すなわち、斜線制限とは住宅の前面道路の、
住宅の接する反対側の端からl(m)の場所には、
5+1.25l(m)までの高さまでしか、
建築物を建ててはいけないという規制です。

斜線制限には、いろいろこのほかの
規定がありますが、ここで充分述べられる
スペースはないので、だいたいのところを
掴んでいただければ結構です。

また容積率という基準ありまして、
これは、敷地面積に対する、延べ床面積、
即ち各階の床面積の合計です。延べ床面積と容積率も、
全て説明しようと思うと、この記事の一部分では、
場所が狭すぎますので、概略だけを書いておきます。

この容積率も、第一種住居専用地域では、
50%、60%、80%、100%、120%、200%、低く設定されており、
あまり階数の高い建物は建てられません。

つまり、第一種低層住居専用区域には、
2階建てまでの住宅などしか建てられず、
しかも建ぺい率が低い傾向にあって、
防火性日当たりを確保しているのだということを、
抑えておいてください。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!用途地域の関連記事
  • category
    用途地域

    次に、第二種低層住居専用地域ですが、 斜線制限や高さ制限、容積率は同じ規定です。 ただ、建てられる建物の種類が、 若干異なってきます。 それは、建築基準法別表第二に出ています。

  • category
    用途地域

    第一種中高層住居専用地域ですが、 建てて良い建物としては、 第一種及び第二種住居専用地域に 建てられる建築物のほか、 大学や専門学校、病院、老人福祉センター、 店舗、飲食店のその用途に使用する 階数が2階以下で 延べ床面積が500㎡以下…

  • category
    用途地域

    近隣商業地域です。 この地域には、工場が建てられないのと、 キャバレーや料理店、ダンスホールなどが、 建てられません。 住居地域と商業地域の中間色の地域です。

  • category
    用途地域

    次に、第一種住居専用地域ですが、 第二種中高層住居専用地域に建ててはいけない 建築物のなかで、次のものが建築しても よいことになっています。 すなわち、ボーリング場、スケート場、 水泳場などのスポーツ施設、ホテル、旅館、畜舎。

  • category
    用途地域

    次は、準工業地域です。 工場用の地域としては、準工業地域、 工業地域、工業専用地域の順に特化していきます。 準工業地域は、商業地域に建築不可の 工場でも、建設できるものがあります。