用途地域

第一種住居専用区域

では、建ぺい率が、それによって異なるという
ところの用途地域とは、どんなものなのでしょうか。
実例を挙げながら、ひとつひとつ見て行きましょう。

まず、第一種低層住居専用地域です。
ここに建てられるのは、主に住宅です。
その他、共同住宅、小中学校、神社、寺院、
老人ホームなどの福祉施設、郵便局、診療所、派出所、
一部の住宅兼用事務所など、です。

大雑把に言って、静かな住宅街として
計画される地域で、この地域には、都市計画に基づき、
10mまたは12mより高い建物は建てられません。

また斜線制限と言って、前面道路からの
高さ制限の数式も、変わってきます。
すなわち、斜線制限とは住宅の前面道路の、
住宅の接する反対側の端からl(m)の場所には、
5+1.25l(m)までの高さまでしか、
建築物を建ててはいけないという規制です。

斜線制限には、いろいろこのほかの
規定がありますが、ここで充分述べられる
スペースはないので、だいたいのところを
掴んでいただければ結構です。

また容積率という基準ありまして、
これは、敷地面積に対する、延べ床面積、
即ち各階の床面積の合計です。延べ床面積と容積率も、
全て説明しようと思うと、この記事の一部分では、
場所が狭すぎますので、概略だけを書いておきます。

この容積率も、第一種住居専用地域では、
50%、60%、80%、100%、120%、200%、低く設定されており、
あまり階数の高い建物は建てられません。

つまり、第一種低層住居専用区域には、
2階建てまでの住宅などしか建てられず、
しかも建ぺい率が低い傾向にあって、
防火性日当たりを確保しているのだということを、
抑えておいてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 第二種住居専用区域
  2. 第一種・第二種住居専用区域
  3. 近隣商業・商業地域
  4. 準工業地域
  5. 工業・工業専用地域
  6. 準住居地域
  7. 第一種・第二種中高層住居専用区域

おすすめ記事

家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。

家を建てた後で後悔する事が多いと言われているポイントの一つに収納の確保があります。もっと収納を造…

家を建てる時に知るべき法規制 家を建てる際に知っておきたい【法規制】

家を建てるには様々な法規制があります。 これも避けては通れない重要な事なので、簡単におさらいして…

エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介

昨今のエコブームやスローライフブームで人気が急上昇の家があります。それが、薪ストーブを設置した家…

家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!

あなたの思い込みだけで家を建てようと思っても間違いなく失敗します。 「こんな家を建てたい!」と考…

失敗しない為の家を作る前の事前準備 失敗しないための家を建てる事前準備を解説!

家を建てるには多くの事前準備があります。 適当に決めてしまっては後で後悔が残ることは間違いありま…

ピックアップ

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

PAGE TOP