用途地域

第二種住居専用区域

次に、第二種低層住居専用地域ですが、
斜線制限や高さ制限、容積率は同じ規定です。
ただ、建てられる建物の種類が、
若干異なってきます。
それは、建築基準法別表第二に出ています。

表を見ると、ほぼ第一種住居専用地域と
同じなのですが、異なるところは、

店舗飲食店その他でこれらに類する
用途に供するもののうち政令で定めるもので、
その用途に供する部分の床面積の合計が150㎡
以内のもの(3階以上の部分をその用途に
供するものを除く)」

「前2号の建築物に付属するもの
(政令で定めるものを除く)」

とあります。

これらは、第一種住居専用地域
住宅で事務所、店舗、これらに類する用途を兼ねるもの
とどう異なるのでしょうか。

政令の第130条3と第130条の5の2に詳しく
書いてあります。

第一種住居専用地域に建てられるのは、延べ床面積
半分上が住居で、残りの部分が、事務所か、日用品販売店、
食堂、喫茶店、理髪店、美容院、クリーニング取次店、質屋、
貸衣装屋、貸本屋、洋服店、畳屋、建具屋、自転車屋、
家庭電気店、自家販売の食品製造業を営むパン屋、米屋、
豆腐屋、菓子屋、学習塾、華道教室、囲碁教室、アトリエ、
などです。

一方、第二種住居専用地域では、建てられる建物の
業種は、ほぼ第一種住居専用地域と同じですが、
住宅を兼用していなくてもよく
日用品の販売や食堂、喫茶店、理髪店、洋服屋、パン屋、学習塾
などの建物を建築することが出来るのです。

第一種のほうが、第二種より、
より閑静な住宅街として
計画されていることが判ります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 第一種住居専用区域
  2. 第一種・第二種住居専用区域
  3. 近隣商業・商業地域
  4. 準住居地域
  5. 第一種・第二種中高層住居専用区域
  6. 準工業地域
  7. 工業・工業専用地域

おすすめ記事

家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。

家を建てた後で後悔する事が多いと言われているポイントの一つに収納の確保があります。もっと収納を造…

家を建てる時に知るべき法規制 家を建てる際に知っておきたい【法規制】

家を建てるには様々な法規制があります。 これも避けては通れない重要な事なので、簡単におさらいして…

エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介

昨今のエコブームやスローライフブームで人気が急上昇の家があります。それが、薪ストーブを設置した家…

おすすめ記事

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

ペットや趣味、二世帯住宅を考えた家の購入方針 人生を映す家:将来の暮らしを考えて家を買う方針を決めよう

家は長く私達の生活を支える重要なアイテムです。 買う家を適当に決めてしまっては、後々に後悔するこ…

建売住宅の魅力。家を買う時の選ぶポイント 建売住宅の魅力~家を買う時の【選ぶポイント】は?~

自分で家を建てる場合と違い、既に完成している建売住宅を買う魅力とはなんでしょうか? 買う魅力・選…

家を買う時に考えたい人気の【収納・床暖房】 家を買う時に考えたい人気の【収納・床暖房】

一生で一番大きな買い物と言える家の購入。どうせ買うなら人気のある物件・住宅を買いたいものです。 …

PAGE TOP