家計の見直しをしよう。

住宅ローンの利用と同時に
家計の見直しをするることをおすすめします。
目標はローン返済をしながら貯蓄ができる家計です。
まず一番目にすることは、
公共料金の支払い口座を
ローン返済用口座にまとめることです。
毎月の支払い一つの通帳
行うことでお金の動きが把握できます。
前の月と比べ増えている部分が
はっきりとしてきます。
また一つにまとめることで
支払いが抜けることがありませんので安心です。

次に保険の見直しです。
住宅ローンには
団体信用生命保険に加入する決まりがありますので、
今自分で加入している保険と
重複する部分があるかもしれません。
その部分を見直すことで
保険料を削減することができますので、
余裕が生まれます。

また、現在加入しているサービスの見直しも有効です。
年会費のかかるクレジットカードの見直しや、
携帯電話の料金プランの見直しなども
良い機会だと思います。
徹底的に見直しをすることで、
少しでも余裕を生み出しましょう。

次に、収入のアップについて考えてみましょう。
会社にお勤めの方が
月々の収入を5万円アップさせて下さいと言われたら
恐らく大変な努力が必要ですよね。
ここでは世帯収入で考えて見て頂ければと思います。
例えば専業主婦だった奥さんがアルバイト
つき5万円の収入を得ることができるとしたらいかがでしょうか。
もしかしたら来月から
すぐに世帯年収がアップ可能かもしれません。
やはり家族一丸となって家計の見直しすることが大切です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローン基礎知識の関連記事
  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを借りる場合は、まず金融機関に仮審査申し込み用紙を提出するところから始まります。仮審査をすることで、申し込み人がどのくらいの額のローンが利用可能かを知ることができます。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    これから家を購入しようと考えている方のほとんどの方が住宅ローンを利用する予定でいると思います。しかし、住宅ローンの仕組みを理解されている方は意外と少ないと思います。特に変動金利と固定金利の違いをご存じの方は少ないと思います。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの返済がいつからスタートするかご存知の方は少ないと思います。当然家を購入した後から返済がスタートするとほとんどの方が思っているはずです。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの用語の中でつなぎ融資というものがあります。金融機関によって利用できる場合とそうでない場合がありますが、大変便利な制度です。ぜひご利用して頂ければと思います。 住宅ローンは本来土地と建物に抵当権を設定してローンを実行します。